通院に過酷な薬局の仕事が時給5000円?!

以前利用させてもらっていた小児科は院内処方で薬がもらえなかったので、調剤薬局まで薬をもらいに行く必要がありました。
その病院を受診して一番近い調剤薬局だと紹介されたのは、病院を出て3分ほど歩いた場所にありました。

その調剤薬局は雑居ビルの様な昔の団地のような建物の2階にあり、エレベータがないのでベビーカーは下に置いて行かなければならず、近所の病院に通う患者さんは大体その調剤薬局に薬をもらいに来ていたので、妊婦さんや老人の方はとても大変そうでした。
元々その場所に調剤薬があったの仕方がないことですが、高熱だったりインフルエンザなどの感染症にかかっている子供を階段で2階まで上がらせるのはとても大変なんです。
インフルエンザなどが流行っている時期はその調剤薬局に行く階段を上がることができずにぐったりしている子供をよく見かけました。

後から気が付いたのですが、元々古いアパートのような場所に何故か調剤薬局が一軒だけ入っているようで、時々住人の方が薬局の前を通ることがあり、病気の人がたくさんいる薬局の前を通るのは嫌じゃないのかな、といつも不思議に思っていました。
赤ちゃんを抱っこしていったときも大変でしたが、子供が小学生になるとその調剤薬局に行くときに抱っこしていくこともできず、近くにある小児科には特に不満はありませんでしたが、薬を取りに行くのが億劫すぎて結局その小児科を受診するのをやめて院内で薬を処方してもらえる小児科に通うことにしました。
環境さえ良ければ、薬剤師さんもとっても親切な方ばかりなのでそのままずっと受診し続けられたのに・・・とも思いました。

ある日、新聞広告を見ていると、その薬局の薬剤師の求人が出ていました。
なんと、薬剤師求人時給5000円だそうです!

しかし、具合が悪い子供を連れて急な階段の上り下りをすると考えただけで足が遠のいてしまい今まで子供を連れて沢山の調剤薬局に薬を取りに行きましたがあんなに行きづらい、過酷な薬局は他にはありませんでした。