話が超好きな伊丹のドラッグストアの薬剤師さん

薬局でのお話です。
先日、こどもたちを連れてわたしの住む伊丹にある大手チェーン店のドラッグストアに行きました。
目的は、家族みんなで風邪をひいたので、それぞれが使える薬を買うためです。
子供用の錠剤や、大人用の解熱剤など、さすが大手チェーン。
めちゃくちゃたくさんの種類がありますよねー。
普段はひとつひとつ裏書きを読んで、1日何錠で何回なのか、こっちとあっちで1日に必要な量を考えたらどっちがお得か…。聞いたことのない製薬会社じゃないだろうか…。
などなど、じっくり選んで購入するのですが、なにせ具合が悪くて小さい文字を読む気になれない!
あーでも損はしたくないし、効かない薬は買いたくない!
んー!どうにかして!

と、頭のなかで葛藤していると、薬剤師さん登場。
『何かお探しですか?』
よくぞ来てくれました!薬剤師さん、あなた神様ですか?
ちょうど困ってたんです。薬剤師さんにお任せします。もう好きにして。てな感じに風邪の症状を伝えて、すがる思いでお薬選びをお願いしました。
これで安心だ。
風邪ひきはじめのこどもたちも長い時間待たすことなく用事も済むし、薬剤師さんが選んだお薬なら間違いない!
さぁどれを選んでくれるんだーい!
私の心構えはできていた。

が、しかし。
なんと。
薬剤師さん、話好きだったー!!
初対面の薬剤師さん。
ニコニコしながら、『僕はいつもこれを飲むんですよねー。味が好きだから。でもこっちには×××っていう成分がはいっていて、喉の腫れの原因になっている細菌をやっつけてくれるんだけど…』
『こどもちゃんは梅味は苦手かなぁ?』
『こっちだと×××って成分がないから、ちょっと風邪ひいたかなぁってときに…』
『最近寒いからねー。』
とか、いろいろずっとしゃべっていて、結局薬の説明を一通りして、自分の体験談まで教えてくれて、さぁどれにする?って私が選ぶんか~い!
まぁ小さい文字を読むことがなくて助かったけど、余計時間かかりました。
すごくいい人であることは確かだけど。

ようやく風邪薬を選んで、一番熱心に説明してくれたトローチを買って帰ろうとしたとき、薬剤師さんがまたやってきて、こどもたちに、
『はい、これどうぞ』
めっちゃのど飴くれた。
いや、トローチ買ったんですけど。
のど飴くれるなら、トローチいらんかったやん(笑)!

でも、とってもいい薬剤師さんでした♪
横にいたこどもが「わたしもお兄さんみたいな薬剤師さんになりたーい!」と(笑)
<<薬剤師求人伊丹>>

風邪が治ったら、また子どもを連れてドラッグストアに来ますね♪

マンションタイプのお墓はローコストでオススメです

お墓は、一生のものの買い物です。失敗はしたくないでよね。
そこで、私の経験から得たお墓選びに必要な3つのことをお伝えします。

1.お墓を建てる場所について
まずは、お墓の場所がとても大事です。
お墓は、ただ建てるだけでなく、継続的な管理これから将来に渡って管理していくものですから。
「お墓詣りに行ける場所」であることが重要です。
よくパンフレットが出されている大規模の霊園があります。
大規模の霊園は、比較的コストが低く抑えられているように思えます。ただ、その分見逃している点があります。
お墓の場所は、郊外が多いのですが、大規模の霊園ですとアクセスが非常に不便なところも多いです。
特に電車でのアクセスに課題があるところです。
お墓詣りをマイカーで行かれている方も多いかと思いますが、これから30年、40年先も車を運転できるでしょうか。
あまりにも遠いとお墓詣りが億劫となり、だんだんとお墓参りの足が遠のく原因となります。
電車でのアクセスが良ければ、そこからタクシーという手もあります。
お墓を建てる場所(霊園・墓地)は、電車でのアクセスも考えて、しっかり考えてられたほうがよいです。

2.墓石の選び方について
お墓を建てる場所が決まったら、墓石選びです。
品質の悪い石ですと、時間がたつと亀裂が生じます。
縁起が悪いと同時に修補などのメンテナンス代が高額になります。
では、どのような墓石を選んだらよいのでしょうか。
墓石の選び方は、「石の産地」「硬さ」「吸水率」「キメの細かさ」を基準に選んでください。
今では、石の原産地としては、最近では、南アフリカやインド産の産地もあります。
中国産や韓国産などの比較的安価な産地もありますが、質という点ではかなり落ちるとの評判です。
石の硬度は「N/cm2」で表されます。
御影石の場合「600N/cm2以上」であれば、硬い石とされますので、墓石を扱っている専門店に確認してみてはいかがでしょうか。
石の吸水率が高いと、石の中に水やコケが浸透し、亀裂の原因ともなります。標準的には、吸水率5%未満を基準に安全性が考えられているようです。
石のキメの細かさは、吸水率との関係で大きく影響します。キメが細かいということは、「粒が密になっている」ということで、吸水率も低いということです。
具体的には「小松石」「庵治石」などがきめ細やかな石として有名です。
わからないことがあれば、積極的に専門店や専門家に質問されたほうがよいです。何せ一生に一度の買いものですからね。

3. お墓のスタイル
最後に、お墓のスタイルです。
今では、お墓のスタイルも多様化して、オーダーメイドでカスタムできるようになりました。
デザイナーズ墓石や宗教や宗派、信仰などによってお墓のスタイルは年々多様化しています。
お墓は、将来に渡って管理するものですから、シンプルがベストのように思えます。あまり凝ったのは避けるべきでしょう。
現在では、お墓マンションタイプを購入する家族もかなり増えてきましたね。
こちらは一般のお墓を立てるのに比べると費用を格段に抑えることができるので、核家族の方にもとてもオススメできるお墓だと思います。

自分自身だけで決定するのではなく、もし、親戚や身内の方がいらっしゃるならば、必ずその方の意見や感想を聞いてみてください。
お墓は、将来にわたって管理するものですから、くれぐれもその点を忘れないようにして、いいお墓選びができるといいですね。

50代で婚活サイトによって結婚して感じたこと

私は、恥ずかしながら50代に入ってから婚活をして再婚をしました。
バツイチということや年齢的なことで初めは不安でしたが、娘に「婚活サイト50代っていうサイト見つけたよ!お母さんも絶対やってみたほうがいいよ!」と背中を押されて婚活を始めました。

婚活に対して大切なことは、年齢うんぬんよりも「価値観が合うこと」だと感じました。
そして、タバコが苦手だということもあり、タバコを吸わない人というのが条件でした。
学歴や年収というのは時に気にせず、それ以外のことが大切だと思っていました。

出会った主人はとてもしっかりとしていて、いろいろなところに一緒に行ってくれて頼りになる人です。
週に一度会うときには、いろいろな御飯屋さんを回って、いろいろと食べられて楽しかったです。

ですが、結婚をしてみると、結婚において、一番大事なのは「食の好み」なんではないかと思うようになりました。
私と主人とでは、食べたいものが全く違います。
付き合っているときには、週に一度、ランチをどこにしようかと話をするだけで、主人は年下ということもありガッツリ系が好きだったので、お肉たっぷりのお店に行ったりしていたのですが、それも、私が普段食べないものなので楽しいと思っていました。

ですが一緒に生活をし始めると、毎食がガッツリ系の御飯になります。
私は、実家でも薄味の料理で慣れていたのですが、主人は薄味が嫌いで、私の作った料理の薄味を食べて、そこにマヨネーズを追加して食べたりしています。

私自身、ガッツリ系のお肉を食べたくないときにも、主人のために御飯を作らないとと思い、いつも味付け濃い目でお肉をたくさんという料理を考えないといけません。
婚活をしているときには、食の好みなんて、対して大事なことではないと思っていました。

一緒に生活をしていればおのずと食の好みは一緒になると思い、私が作った料理の味にいずれ旦那さんが慣れてくれることを期待しています。

婚活をしているときに、もっと、食の好みの大切さについて考えておけばよかったなと思います。
婚活というのは、やはり、やってみないとわからないことだらけだなと、今になって思います。

彼のために脱毛を決意したわたし

とにかく体の全体に毛が多い。
男性なら毛深いことは男らしさの象徴ともいえるが、女性で「毛深いんだよねー!」とは大きな声で言えない。
ほぼ、誰にも打ち明けていない。
誰だって毛が生えていることだと知っているのに、「恥ずかしいこと」だと思っている。

特に年頃になると、目立つ位置のムダ毛は自分で剃って、随分気をつかっていたものだ。
何しろ学校では授業の一環に水泳があるし、遊びに行くにもプールや海に行くために、脚やVラインのムダ毛処理を嫌でもせねばならない。

嫌でも、というのは億劫でも、という言い方もできるが、そこに費やす時間は勿論、痛みを伴う作業でもある。
今はいろんな脱毛器具が販売されているものの、その金額は貧しい身には高額である。
まして若くもない私などがそれを使う価値があるのかと言えば考えてしまう。
そんな風で、結局は毎年女性用シェーバーでじょりじょりするはめになるのである。

その場合も、ただ剃ってしまえばよいわけではない。
肌を傷めないためには使うシェーバー選びから使い方(後でひりひりしないように)、保護クリームの使用など、それはそれはお金も労力も要する。
そんな時、「男性はいいなあ」と思ってしまうものだ。
今はもっと進化したシェーバーもあると思っているが、「そもそも論」を持ち出して剃らないことを正当化することも多くなった。

そもそも・・毛は処理することが健全なのか、という具合だ。
奇跡的に誕生した人間の身体で不必要なものなどないに違いない、と思うと、「毛」は体を守る意味で大切なものではないか、という持論である。
これ以上思考すると「悩み」ではなくなってしまいそうだ。

私の悩みとなる毛は一般的な脇、脚、Vラインの他、最近では上唇の上のほうの毛も濃くて目につくようになった。
男性ホルモン、というのは聞いたことがあったけれど、うっかり鏡を見ないでいると、出勤時慌ててしまう。
唯一救いなのは、二の腕の毛が目立たないことだ。
なので、腕は剃らずに脱色して「金色の産毛」のように見せるようにもしていた。

何より大変なのは「Vライン」である。
ここだけはもう、どう処理してよいのかわからない。
自分で処理するなんて、うまくいく気がしない。
そんな具合にああでもない、こうでもないを繰り返している私だけれど、昨年からお付き合いを始めた人がいる。
そうなると私はもはや前述した持論などどうでもよくて、ともかく綺麗に、すべすべした肌を手に入れるために必死になっている。

そんなとき、ネットをしていて脱毛サロンの広告に目が奪われた。
脱毛1箇所に数百円とは・・・本当に驚いた。
学生の頃の記憶では、手が出ないような金額だった脱毛サロンが、今では気軽に通えるサロンになっているらしい。
⇒⇒⇒http://脱毛三宮で.com

勤務先の三宮の周辺にはたくさん脱毛サロンがあるようなので、これから調べて彼のためにもキレイな肌を手に入れたい!

通院に過酷な薬局の仕事が時給5000円?!

以前利用させてもらっていた小児科は院内処方で薬がもらえなかったので、調剤薬局まで薬をもらいに行く必要がありました。
その病院を受診して一番近い調剤薬局だと紹介されたのは、病院を出て3分ほど歩いた場所にありました。

その調剤薬局は雑居ビルの様な昔の団地のような建物の2階にあり、エレベータがないのでベビーカーは下に置いて行かなければならず、近所の病院に通う患者さんは大体その調剤薬局に薬をもらいに来ていたので、妊婦さんや老人の方はとても大変そうでした。
元々その場所に調剤薬があったの仕方がないことですが、高熱だったりインフルエンザなどの感染症にかかっている子供を階段で2階まで上がらせるのはとても大変なんです。
インフルエンザなどが流行っている時期はその調剤薬局に行く階段を上がることができずにぐったりしている子供をよく見かけました。

後から気が付いたのですが、元々古いアパートのような場所に何故か調剤薬局が一軒だけ入っているようで、時々住人の方が薬局の前を通ることがあり、病気の人がたくさんいる薬局の前を通るのは嫌じゃないのかな、といつも不思議に思っていました。
赤ちゃんを抱っこしていったときも大変でしたが、子供が小学生になるとその調剤薬局に行くときに抱っこしていくこともできず、近くにある小児科には特に不満はありませんでしたが、薬を取りに行くのが億劫すぎて結局その小児科を受診するのをやめて院内で薬を処方してもらえる小児科に通うことにしました。
環境さえ良ければ、薬剤師さんもとっても親切な方ばかりなのでそのままずっと受診し続けられたのに・・・とも思いました。

ある日、新聞広告を見ていると、その薬局の薬剤師の求人が出ていました。
なんと、薬剤師求人時給5000円だそうです!

しかし、具合が悪い子供を連れて急な階段の上り下りをすると考えただけで足が遠のいてしまい今まで子供を連れて沢山の調剤薬局に薬を取りに行きましたがあんなに行きづらい、過酷な薬局は他にはありませんでした。

「スニッファー ウクライナの私立探偵」の次は「スーパーナチュラル」かな・・・。

私が今、ハマっているのは「スニッファー ウクライナの私立探偵」という海外ドラマです。

汗のニオイでその人の心理状態を見破ることができるほどの並外れた嗅覚を持った主人公が、その才能を活かしてプロファイラーとして警察に協力していく物語です。このドラマのことを知ったのは、去年NHKで放送された「スニッファー 嗅覚捜査官」というドラマがきっかけで、オリジナル版をアレンジしたドラマで、日本版では主人公のプロファイラー役を阿部寛さんが演じています。初めてオリジナル版を見た時は「阿部さんそっくり!!」と思ったほど二人の顔立ちが似ています。

他にも、普段主人公は鋭すぎる嗅覚を抑えるために鼻の中に詰め物のようなものをしているのですが、オリジナル版はクリップのような物なのに対して、日本版は専用の道具で取り外す金属製の詰め物になっていたり、主人公の子供がオリジナル版では息子なのに日本版は娘・・・等同じエピソードをウクライナ版と日本版で見比べてみると、ストーリーは同じなのに微妙に設定が違っていることが多く、両方を見比べてみるとさらに楽しめます。。

犯人を追い詰めていく手法が「スニッファー」と呼ばれる主人公ならではで、一番の見どころだと思いますが、人付き合いがあまりうまくない主人公と鼻の治療でたまたま知り合った女医との恋物語も用意されていて、そちらも楽しみの一つです。また、来年には日本版「スニッファー」の続編が放送されるそうなので、まだこのドラマを知らない人はぜひチェックして、来年の日本版の放送を待ってほしいと思います。オリジナル版はソフトも発売されていますが、フジテレビのオンデマンドサービスのFODに会員登録しても見ることができます。もしかしたら、NHKが来年の続編の放送に合わせてオリジナル版を放送、ということもあるかもしれません。決して暗い刑事ドラマではなく、笑える要素もたくさんあるので、きっと楽しめると思います。
次に興味を引くのがスーパーナチュラルです。SF的な話みたいです。FODでは見れないみたいで、hulu スーパーナチュラルが視聴できる様です。
さっそく申し込んでみたいと思います。

思春期の上の子が下の子にかけた労いの言葉


私が最近うれしかったことは、上の子が下の子に労いの言葉をかけてあげたことです。
思春期真っ只中である上の子は、最近下の子に何かといじわるな対応をします。
わざと嫌がることをしたり、お願いされても拒んでみたり…。
そのたびに私はイライラしてつい上の子を叱ってしまうんです。
下の子が可愛いというのもありますし、がっかりする顔を見るのが辛くて…。

もう昔のようにじゃれあう姿は見れないのかな?と感じることもあります。
それだけ大きくなった証拠でもありますが、思春期っぽい対応を下の子が真似して友達にやったりしたらイヤだなという思いもありました。

そんなある日。下の子が習い事の中で今までの実力が試されるような場面があったんです。
何ヶ月もこの日に向けて頑張ってきた下の子は、力が出せたようで満足気に帰宅しました。
当然私は「頑張ったね!」「すごいね!」と褒めちぎり。
それを聞いている上の子はどう思っているかな?と横目で気にしながら…。

いつもなら「自分もそのくらいの頃できたわ!」などとカチンとくるセリフを吐く上の子なので、この日も警戒していました。
言われたら言い返してやろう!っていうか、この状況で何も言わない兄弟なんておかしい!くらいに思っていたのです。
そして、しばらく黙って聞いているのか聞いていないのかわからない様子だった上の子は静かに口を開きました。

「頑張ったね」
え?
耳を疑うほどの優しい口調で下の子に向けて労いの言葉をかけてくれたのです。
その言葉には嫌味のようなトゲもなく笑顔でした。
ジーンときた私はつい「そう!頑張ったの!」と言ってしまいました。

下の子に目をやると照れくさそうに微笑んでおり、久しぶりに上の子に褒めてもらったという喜びで溢れていて…。
上の子はきっとその表情に気づいたことでしょう。
そして恥ずかしくなったのか、思っていた通り「自分もできてたけどさ」と笑いながら言いました。

思春期は何かひとこと言わないと気が済まないのですね。
それでも第一声が労いの言葉だったことに深く感動し、嬉しかったんです。